就職shopは高卒歓迎です。

高卒はあまり良い印象が良いとは言えません。

同じ働き方でも、大卒のほうが収入は多いです。

就職shopでは、高卒のハンデがあっても、良い仕事を紹介してくれます。

高卒について

高卒は大卒に比べると、学歴という点では損で、あまり良い印象がありません。

現代では、ほとんどの人が大学に進学します。

高卒は、なんらかの理由で進学しなかった人と思われがちです。

例えば、経済的な事情であり、または本人が進学を希望しなかったといった理由です。

就職shopは学歴不問、大学中退不問、そして未経験でも、仕事を紹介してくれます。

同じ高卒でも、様々な事情があり、高卒に至るまでのプロセスをコーディネーターに説明し、自分にあった仕事を探すことができます。

同じ仕事内容でも、高卒と大卒では収入も変わってきます。

自ら選んだのであるので、それは差別ではありません。

一般的に、一カ月の収入は、高卒は15万程度で、大卒は20万程度です。

5万ほどの差があります。

計算すると、高卒の年収は180万、大卒は、240万です。

すると、60万ほどの差があります。

理系の大学院卒は大卒より収入が高いので、高卒と比べると、かなりの差がでてきます。

なぜ、このような差があるのでしょうか。

大学を卒業したという事実があると、「一定の能力がある人」と企業は判断します。

高卒や大学中退は、能力がなかったと判断されてしまうのです。

高卒はなかなか大企業には就職できません。

大企業はそもそも給料が良く、競争率が高いので、大卒の方の中からより優れている人を選ぶことになります。

大卒のほうが印象は良く、就職がスムーズです。

就職shopは高卒でも大丈夫

高卒にはハンデはありますが、就職shopはそこをカバーしてくれます。

就職shopが紹介する企業は、学歴より、経験、やる気、または人柄を重視してくれます。

コーディネーターは学歴以外の採用条件や、仕事内容、給料、職場の雰囲気など、詳しく説明してくれます。

学歴でない自分のアピールポイントが重要になってくるので、それについてもコーディネーターは一緒に考え、その人の長所を引き出してくれます。

高卒を採用してくれる企業もたくさんあります。

高卒でも、資格さえもっていれば、一定の能力があることを企業は判断できます。

なにしろ、企業は若いエネルギーを求めているのです。

高卒なので、大企業には挑戦せず、就職shopの紹介する、中・小企業に面接試験を受けに行くほうが無難です。

大企業に挑戦して、受かる可能性もわずかにあります。

大企業に採用されれば、大卒との収入のギャップを埋めるだけでなく、上回ることもできるかもしれません。

結論的に、就職shopの求人は学歴ではなくやる気と若さを重視します。

大卒のほうが、就職に有利なのは前提ですが、就職shopなら高卒でもやりがいのある仕事を見つけることができます。