就職shopが紹介する企業の面接へ行くとき、どのような服装で行けば良いのでしょうか?面接慣れせず、不安な人もいます。

面接慣れしてない方向けに、面接に行く時の服装についてまとめました。

就職shopが紹介する企業の面接に行く時の服装はどんな感じ?

就職shopの面談の際には特に服装の指定はありません。

コーディネーターはスーツを着ています。

就職shopが紹介する企業の面接の際には、スーツという服装の指定があります。

スーツは洋服の青山や、AOKIで手に入ります。

最近は、女性用だと、フリルのついたもの、ストライプ、などの可愛いブラウスなどが販売されてます。

女性向けの雑誌には、綺麗なモデルさんが、就活スーツをスタイリッシュに着こなしています。

最近は個性のないと言われることもある就活スーツですが標準スタイルはやはり無難ではあります。

その標準スタイルを少し個性的に、お洒落に着こなす女性が増えてきています。

目立たない、洋服と調和したものであれば、お洒落な腕時計や、女性の場合ネックレスも大丈夫です。

男性のネクタイですが、いろいろな結び方があります。

シンプルでオーソドックスなのが赤や青いものです。

ネクタイピンなども必要です。

スーツを着ると身も心も引き締まります。

仕事をするやる気にもつながります。

仕事において、身だしなみは重要です。

Yシャツは何個か替えを持ち、常に新しいものを用意すること。

ジャケット、ブラウス、スカートやズボンは必ずアイロンをして清潔に保つこと。

清潔感があればお客さまにも良い印象を与え、ビジネスも上手くいくはずです。

高級なものより、清潔であること。

リラックスできるようなきつくないもの。

歩きやすく、靴ずれしないような良いサイズの靴。

服装は季節に合ったものにしましょう。

例えば、夏に暑苦しいものは駄目です。

冬はコートなどをスーツの上に着て、温かくしましょう。

専門店では、就職バッグも販売しています。

主に、鉛筆、ノート、お弁当、その他必需品などが入る、生地のしっかりしたものが多いです。

女性の髪形ですが、長い方は、ポニーテールにくくります。

男性の髪形はなるべく長すぎず、きちんとお手入れしているほうが良いです。

女性にでも男性にでも言えることですが、明るすぎる茶髪は禁止されている場合が多いです。

何故なら、不真面目な印象を与えるからです。

全身の服装にかかる費用は?

女性と男性だと、服装も違います。

男性はズボン、女性は膝下までのスカートです。

男性はネクタイをしますが、女性はしません。

男性は通勤靴、女性は低めのヒールのついた黒い靴です。

洋服の青山において、全身の服装にかかる値段を説明します。

まずは男性の服装の値段から説明します。

ワイシャツは5,000円前後、ジャケットは20,000前後、ズボンは4,900円程度、ネクタイは3,500円程度、ベルト3,500円程度、靴は9,900円程度、ソックス400円程度、バッグ12,000円程度、コート20,000円前後です。

次に女性の服装の値段を説明します。

ブラウスは4000円前後、ジャケットは20,000円程度、スカートは5000円前後、ベルトは3000円程度、靴は8000円程度、バッグは、12,000、コート23,000円程度です。

多少男女で値段は違いますが、ほとんど同じくらいです。

全身で合計すると8万くらいかかります。

定期的にセールなどもやって少しは安くなります。

全身とバッグやコートなどもいれると、かなり高いですが、就職shopの面接にこれらの服装をきっちり着こなすことができれば、採用率も上がってくるので、必要経費といえるでしょう。