30代になると就職は遅いのでしょうか?就職には20代のほうが有利と考えられます。

就職shopの紹介する仕事は20代と限定されています。

しかし、30代でも積極的に求人してくれるサイトもあります。

就職shopは30代でも大丈夫?

就職shopの年齢の対象は20代から20代半ばです。

残念ながら、30代は対象とされていません。

一般的には、20代のほうが、何事も勉強のためと思い、前向きに取り組むことができると考えられています。

そういった若いエネルギーを必要とする仕事が多いです。

30代で結婚する人も多いので、就職と結婚という人生の大きな出来事を迎える人がいます。

結婚するには安定した収入が必要なので、就職したいという人もいます。

30代まで、ニート、またはフリーター生活が楽で停滞し続けて、やっと就職しようとする人もいます。

フリーターの時間が長い人ほど、採用側はその人が採用できるような人間か悩んでしまいます。

30歳にもなると、遅いと思われるかもしれないですが、しかし、人生経験が長いので、今までの経験を活かすことができます。

今までやってきたことがすべてです。

良いことも悪いこともすべて、役に立つはずです。

理解のある求人サイトや職場を探すと良いでしょう。

20代に比べると、少しハンデがある部分も確かにあります。

しかし、人柄や経験を重視するような雇い主さんもいます。

若者正社員チャレンジ事業とは?

若者正社員チャレンジ事業とは29歳以下のフリーターや契約社員で働く意欲がある方を対象としたプログラムです。

このプログラムは就職shopではなく、別の会社が運営しています。

30代の方はプログラムに参加できません。

20代の方限定に、今回は面接に通りやすくするための若者正社員チャレンジ事業を紹介します。

ウェブで申し込みすると、事前カウンセリングを経て、飯田橋で合同企業説明会に参加できます。

事前カウンセリングでは、女性のコーディネーターが多く、自分にはどんな職業があるのか、どんな選択肢があるのか、を一緒にかんがえてくれます。

企業を決定したあと、1カ月間のインターンシップを紹介してくれます。

インターンシップ後は、企業に正式に応募して、面接に通れば、正社員になれます。

インターンシップで働いたことを企業は評価するので、面接で落ちることは、よっぽどのことがなければありません。

1カ月のインターンシップで10万円は稼げます。

もちろん、その企業のインターンシップに参加したくなければ、参加しなくても面接を受けられます。

若者正社員チャレンジ事業の対象者になるには3つのどれらかの条件を満たしていないといけません。

卒業後、就職してない方、卒業後、正社員になってない方、または2年以内に正社員になってから一年間経過したいない方、の3点です。

若者正社員チャレンジ事業の紹介する企業は小さな会社が多く、雰囲気は和気あいあいとしています。

飲食店の企業はなく、ITやエンジニア系が多いです。

未経験でもできるような仕事がほとんどです。